コンテンツ一覧

適切な品物選びをしよう

内祝い

プレゼントにふさわしい品物

内祝いとは、本来お祝い事があったときに、知人や近所の人に配るちょっとした贈り物のことをさします。相手側が贈り物をしたかどうかは関係なく、喜びのおすそ分けというニュアンスが大きいものでした。ですが、昨今では、何かのお祝い事のときにいただいたお祝いに対してのお返しという意味合いが強くなってきています。現在はこうした使い方がメジャーであるため、お返しの際に内祝いという熨斗などをつけるのも一般的です。内祝いはお祝いをもらってから一ヶ月以内ほどを目安に、いただいたお金や品物の半額から三分の一程度を目安に贈るのが基本です。持参してもよいですが、出産内祝いなどで動きにくい場合や遠方に住んでいる人に贈る場合は郵送でも問題ありません。ただその場合は手紙などを添えると丁寧で喜ばれます。結婚祝いなどは一生に何度もあることではないので、消耗品よりも形に残るものがふさわしいとされています。ですが内祝いの場合は何度も贈られることがあるものなので、むしろ消耗品が推奨されています。食べ物や洗剤、タオルなど、重なっても困らないものがよいでしょう。内祝いの品を選ぶときは、お祝いを贈るときのように、相手がもらって嬉しいものを選ぶのがポイントです。子供がいる家庭ならお菓子やジュースが喜ばれますし、お酒を飲む人がいるならばお酒を贈るのもよいでしょう。迷ったらカタログギフトなどを利用するのも手です。カタログギフトならばもらった人が自由に選べるのでお互いにメリットがあります。

Copyright© 2018 内祝いを選ぼう!【安すぎず高すぎない品物を選ぶポイント】 All Rights Reserved.