コンテンツ一覧

内祝い

適切な品物選びをしよう

内祝いとは本来喜びのおすそ分けという意味合いが強かったのですが、近年はお祝いへのお返しという意味が強くなってきています。もらってから一ヶ月以内に金額の半額から三分の一程度を目安に贈るのがポイントです。消耗品がふさわしいとされています。

冊子

便利なカタログを選択する

カタログギフトには食品専用など種類がありますので、引き出物として用意する際は参列者の好みに応じてカタログを変えると良いでしょう。また引き出物の相場価格は5,000円ですから、その価格帯で選びます。カタログギフトは持ち運びを考えても参列者にとって嬉しいギフトです。

風呂敷

お祝いをもらった時も安心

お祝いを頂いた方への内祝いやお返しをしたい際、通販サイトを利用すると大量発送でも、個別発送でもスムーズで便利です。熨斗や名入れにも対応してもらえ、同じものを贈る、個別に商品を選ぶ、到着日を指定するなど幅広く活用できます。

Copyright© 2018 内祝いを選ぼう!【安すぎず高すぎない品物を選ぶポイント】 All Rights Reserved.